α7M3の小指あまり現象の解決とPeak Design CAPTUREの両立を狙ってINPON買ってみた

    2020/09/25

管理人のカメラはα7M3だが、世間で言われているようにグリップ部分の天地サイズが足りない。
これをなんとかできないかとずいぶん長い間悩んでいた。
それにはいくつか条件があるからだ。
そんなことを書いてみた。

管理人のα7M3はPeak Design CAPTUREとCLUTCHで運用している

イロイロ悩んだ末に、それなりの重量のあるミラーレス一眼を運用するのに行き着いたのがコレだ。

  • 移動時はバックパックの中に入れて移動する。
  • 現地へ到着するとPeak Design CAPTUREでショルダーベルトに固定
  • 撮影する時はPeak Design CLUTCHでハンドリング

といった具合だ。

どうにもこうにもPeak Designに巻かれてしまっているのだが便利で高品質、高信頼性なのでコレ以外には今のところ思いつかない。

こうした運用なのでα7M3の底の三脚ネジはCAPTURE用にStandard Plateで使用している。
今回の指あまり現象の解決にはこのCAPTURE用にStandard Plateが取り付けられるということが必須条件となった。

INPON エクステンショングリップとPeak Design Standard Plateを装着した状態、電池の蓋も開くことができる、CLUTCHを装着しても全く問題無い
INPON エクステンショングリップとStandard Plateを装着した状態、電池の蓋も開くことができる

INPON エクステンショングリップをα7M3に装着し正面から見たところ、プレート自体はフラット
INPON エクステンショングリップをα7M3に装着し正面から見たところ

α7M3のグリップを縦方向に延長するモノはたくさん選択肢があるが…

小指が余ってしまうα7M3のグリップを縦方向に延長するデバイスは世の中にたくさん出ている。
例えばソニー純正の「GP-X1EM」というグリップがあり、たぶん握り心地はこれが一番素晴らしいと思われる。

しかしStandard Plateを取り付けられるのか?というと取り付けはできそうだがCAPTUREへの装着は無理っぽい。
肝心のグリップ部分が装着の際に邪魔になるのだ。

ということは底面がフラット、しっかりした三脚穴を持つデバイスを探す必要があるということだ。

INPON エクステンショングリップのグリップ部分の下端部、本来のグリップよりもほんの少しだけ大きい
INPON エクステンショングリップのグリップ部分の下端部、本来のグリップよりもほんの少しだけ大きい

INPON エクステンショングリップの小指の掛かる部分はこんな感じ、よく見るとブサイクだが軽量化には役立つ、それに握ってしまえば見えない
INPON エクステンショングリップの小指の掛かる部分はこんな感じ、よく見るとブサイクだが軽量化には役立つ、それに握ってしまえば見えない

α7M3用の底面がフラットしっかりした三脚穴を持つデバイスは意外と少ない

必死で探してみたが底面がフラットしっかりした三脚穴を持つデバイスは意外と無いものだ。
世の中にCAPTURE用にStandard Plateを装着している人はごまんといると思うし、かつ指あまりが気になっているひとはかなり多いハズと思う。

そこでなんとか探しだしたのがINPONの至極シンプルなプレートだった。
価格も安いし名前がヘンだがモノは普通に良くできている。
たぶん結構硬いアルミ素材をCNC切削加工で削り出してアルマイトを施したものだと思う。
素手で触ってもバリで痛いとかということは無いし、ネジ穴の精度もまずまず出ているようだ。

シンプルなだけに重量も公称53gとなっており十分軽い、これが非常に大切なことだ。
それでなくても管理人のα7M3はSEL1635GMをメインで装着していてレンズのみで680gだ、それに本体の重さ650g(電池カード込み)が加わるので合計1,330gとなる。
これは結構な重さだ、だから出来る限り軽くしたかった。

INPON エクステンショングリップを装着し真後ろから見た図、フラットで溝が切ってありアルカスイス互換となっている、液晶ディスプレイには干渉しない
INPON エクステンショングリップを装着し真後ろから見た図、フラットで溝が切ってありアルカスイス互換となっている

INPON エクステンショングリップを装着し左側から見たところ
INPON エクステンショングリップを装着し左側kら見たところ

INPON エクステンショングリップを使ってみたら結構良い

今回購入したINPONのプレートの正式名称は、「INPON エクステンショングリップ Sony α7III/α7RIII/α9 小指掛け専用 アルカスイス互換 1/4″ネジ付」という(Amazonの商品名)。
この4連休中にα7M3に装着してイロイロ撮ってみた。

小指あまりは少し癖があるが解決できる。
それにCAPTURE用のStandard Plateの装着も全く問題無い。
加えてStandard PlateにCLUTCHを装着しても、これまた全く問題無い。

ということで大正解のINPON エクステンショングリップである。
重量感も53g増加なので少し以前よりは少し重たく感じるが、おおっとビックリするような重量増ではない。

しばらく使用してみてからネジの緩みをチェックしてみた。
なんせ1,330gに自重53gが加わり、合計1,383gとなる。
もう1本手持ちのレンズArt 24-70mm F2.8 DG DNだと830gなので、総合計1,533gとなる。
この重さがCAPTURE用のStandard PlateとINPON エクステンショングリップのネジ部分に掛かるのだから結構な強度が必要だと思う。
何日か撮ってみて緩みは全く無かった、この価格ではなかなか素晴らしい精度だと思う(Amazonで2,500円ほど)。

INPON エクステンショングリップを装着した時の小指部分は穴が空いているが全く問題無い、ここに小指を引っ掛ける
INPON エクステンショングリップを装着した時の小指部分は穴が空いているが全く問題無い

INPON エクステンショングリップを装着し管理人が握ってみたところ、うまいこと上記の部分に小指が引掛かるのでまずまずの握り心地
INPON エクステンショングリップを装着し管理人が握ってみたところ

こういう人にはぴったし

管理人が今回購入したINPON エクステンショングリップは次のような人にはピッタリの商品だ。

  • α7M3を使っていて小指あまりを解決したい
  • Peak Design CAPTUREを使っている
  • Peak Design CLUTCHを使っている
  • できるだけ軽量な解決方法が良い

という条件を満たすのであればベストな回答かもしれない。

管理人的にはINPON エクステンショングリップはおすすめである。

今回はこのへんで
では

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。