SUUNTO X-LANDERのベルトが切れてしまった そろそろ変えどきか? TRAVERSE ALPHAに心惹かれる

    2017/12/20

前回スントの時計の話題はSUUNTO X-LANDERのベルトを交換したときだった
あれからまる2年経ったのだがウレタン製のベルトが切れてしまい万事休すである。
元々X-LANDERのベルトは少し特殊で汎用品が合わないのだった。
それだけに取付可能なベルトが限定される。
さらに純正品のベルトでも取り付けに難儀するのだった(ベルト交換は大変!)。
そこでムクムクと新しい時計が欲しい症候群が発症したのだった。
そんな事を書いてみた。
スントTRAVERSE ALPHAのGPSルート画面
suunto.com

X-LANDERの近況

管理人が持っているスントのX-LANDERというモデルを手に入れたのはかれこれ15年以上前になる。
思えばこの種の時計としてはよく持っているほうだろう。

その原因はケースが頑丈であることが大きいと思う。
さらに電池交換が容易で自分で簡単に電池交換ができることだ。
X-LANDERの表面も小さな傷は大いに付いているが致命的なキズはない。
ガラスに関してもまったく問題ないのだった。

つまりX-LANDERは購入から15年以上経過しても時計としての機能はまったく問題ない。
腕時計だけに腕に装着する際の問題が大いにあるということだ。
うーん悩ましい。

時計の機能はあまり使いこなしていないが…

最近ではもちろんスマートフォンも持ち歩いているのでアウトドアで何かの情報を仕入れようとして困ったことはそれほどない。
だが唯一スマートフォンにない機能がある。

それは気圧なのだ。
気圧の傾向を見れば天気の傾向が分かる。
高度や方位はスマートフォンのコンパスを利用すれば取得できる。
クルマから降りて歩きまわっている時にはこの気圧の傾向が結構役に立つのだった。

肝心の時刻を確認するのにスマートフォンをわざわざ取り出して電源を入れるのもなんだか面倒くさいのだった。
だから腕時計ですぐに見たいのは時刻と気圧の傾向がほとんどである。

あまり使いこなしていない…。

X-LANDERで困ることはなに?

管理人が現在使用しているX-LANDERを長い間使うためにはなんといってもベルトの存在が大きい。
これが今回のように切れてしまうと腕に装着できなくなるからだ。

今まではこんなことをしていた。

  • 購入当初は標準装着の革のベルト
  • ダイバーズウォッチのベルトを無理やり装着を何回かやった
  • X-LANDER純正ベルトを装着(今回これが切れた)

という具合だ。
前回のX-LANDERベルト交換に難儀した記事を見るとちょうど2年しか持たなかったということになる。
このベルト耐久性が悪い…。

X-LANDERではベルト選択の余地がほとんどない

X-LANDERの本体は問題なく動くのにベルトの選択肢がないのは困ったものだ。
元々X-LANDERのベルト取付部のバネ棒は湾曲していてちょっと特殊。
このために取り付けられるベルトが大いに限られる。

だからダイバーズウォッチ用の汎用ウレタンベルトを削ったりして無理に湾曲したバネ棒に装着していたのだった。
前回は純正のウレタン製バンドに交換したのだが、キチキチに作ってあり純正とは思えない仕上がりだ。
このため交換作業には大いに難儀して二度とやりたくない。

本体の耐久性は大したものなのに、そしてまだまだ動きそうなのにベルトがこれではあかんと思った。

最近のスントのベルトはまっすぐなバネ棒に改善されている

管理人が持っているX-LANDERの後継機種となると現在ではCOREのシリーズだろう。
この中でもバネ棒がまっすぐなタイプで管理人好みの順に黒基調のモデルを上げていくと次のようになる。

SS023158000 SUUNTO CORE Black Red ¥52,920

SS023158000 SUUNTO CORE Black Red
suunto.com

SS018734000 SUUNTO CORE Alu Deep Black ¥47,520(20%OFF)

SS018734000 SUUNTO CORE Alu Deep Black
suunto.com

SS021372000 SUUNTO CORE Graphite Crush ¥38,880(20%OFF)

SS021372000 SUUNTO CORE Graphite Crush
suunto.com

これらは同じCOREのシリーズなので機能的にはまったく同じだ。
価格は2017年12月19日現在のスント直販Webサイトの価格で税込となっている。

COREのシリーズを探している時にスントの別のシリーズで気になるものを発見したのだった。

スントにミルスペック+GPS内蔵モデルのスマートウォッチがある

スントの別シリーズで、なんと腕時計でミルスペックのモノがあることに気がついた。
それはトラバース シリーズの中でもアルファと呼ばれるもので北米で実際に軍にも採用されているらしい。
米国国防総省軍用規格(MIL-STD-810G)に合格しているらしい。

そのアルファシリーズの中でも真っ黒なのがステルスと呼ばれているモデル。

SS022469000 SUUNTO TRAVERSE ALPHA Stealth ¥63,720(14%OFF)

SS022469000 SUUNTO TRAVERSE ALPHA Stealth
suunto.com

スントのWebサイトにあるTRAVERSE ALPHA Stealthの機能を挙げると次のようなものだ。

ハイキング、フィッシングおよびハンティングモード
日の出/日の入り時刻およびアラート
フィッシングとハンティングに特化した地点メモリ機能(POI:ポイント・オブ・インタレスト)
月相および月の出/月の入り時刻
自動発砲検知機能
レッドバックライト、ナイトビジョン(暗視スコープ)に対応
GPSとGLONASSによるルートナビゲーションおよびPOIナビゲーション
記録されたルートのブレッドクラムビューをリアルタイムで表示
速度、距離、高度の追跡機能
Suunto MovescountとSuunto Movescount Appのヒートマップを活用して新しいルートを検索
Suuntoが運営するMovescount.comのルートプランニング機能を使って地形図を含むルートを作成
ルートプレビューと高度プロファイルをウォッチに表示
100 m(10気圧)防水
高度(FusedAlti)
気圧傾向インディケーターとウェザーアラーム
電子コンパス
バックライトをフラッシュライトとして使用可能(フラッシュライトモード)
バイブレーションアラーム機能
GPS時間更新機能
毎日の歩数とカロリーを記録、週間、月間および年間の推移を表示
スマートフォン通知機能
Suunto Movescount App(iOS版およびAndroid版)対応

管理人が気になるのはTRAVERSE ALPHAの電池が充電式だということだ。
つまり内臓のリチウムイオンバッテリーがダメになると使えなくなりそう、という事を心配している。
ボタン型電池なら交換すれば良いのだが、リチウムイオンバッテリーとなると交換できたとしても非常に高価だとか手に入らないだとかそういうことが気になるのだった。

意外と安い実売価格

非常に気になりだしたのでスントCOREとTRAVERSE ALPHAの価格を調べてみた。
すると以外なことを発見したのだった。

スントの中でもCOREシリーズは大いに売れ筋で購入しやすい価格帯のモデルとなっている。
それだけに凄く安く販売しているところはないようだ。
一方、TRAVERSE ALPHAについては定価は高いのだが、実売価格で国内正規品が3万円台というところを見つけた。

リチウムイオン電池の持ちや交換の際のことも心配だがTRAVERSE ALPHAの正規品が3万円台なら購入しても良いと思う管理人だった(物欲モリモリ)。

 

今回はこのへんで
では

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。