RX100好きが高じて無印からM3を手に入れる 非常にお得だった今回のデジカメ買い替え

 

管理人はいつもブログに掲載する写真はキレイなものを掲載したいと思っている。
ここ数年はデジカメでどうしたらよりきれいに撮れるかということを試みてきた。
デジカメも2017年の正月にRX100無印を手に入れて常にあちこちに連れ出していた。
だがRX100無印には多少の不満もあったのは事実だ。
そこでRX100無印から定評のあるRX100 M3に買い換えようと思った。
そんなことを書いてみた。

RX100無印にはイロイロと教えてもらった

管理人のデジカメ歴はほとんど全てがコンデジである。
やはりいつでもどこでも持ち歩くのにサイズと重さについては小さくて軽いのに越したことは無い。
そういう意味では一眼レフやミラーレス等々のデジカメは避けて通ってきた。

RX100を手に入れてからは非常に小さなサイズなのでそれこそどこへでも持っていくようにした。
荷物が多い時でもほとんど手ぶらな時でも気にならないサイズと重量感だ。
ワイシャツの胸ポケットに無理なく入ると言えばサイズ感は伝わるだろうか。

RX100を手に入れる前はデジカメのフルオートモードでの撮影がほとんどだった。
というのは撮る画像のイメージがしっかり出来ていなかったし、やり方も分からなかった。
それがRX100を手に入れてからは、どうすれば背景をぼかした画像が撮れるかとか少しだけだが研究してみた。
まだまた思うような画像は撮れないが少し前進したと思う。

RX100に純正グリップを装着したところ

画角と朝の光が眩しい時に不満が出た

RX100無印で不満に感じたことはひとつに画角の問題がある。
撮ろうとする対象が収まりきれない、もう少し自分自身を後退させれば入るのだがスペースがなかったりする。
RX100無印のワイド端は28mmとなっていて普通だが収まりきれないことが多かった。

つぎに管理人は朝早く出かけることが多いのだが、その際に太陽光が眩しくてRX100無印の液晶ディスプレーが全く役に立たない。
こうなると想像で画像を撮ることになる、もうアウトオブコントロールなのだ。
この解決策はファインダー以外にない。

そこで白羽の矢が立ったのがRX100M3だった。

下の画像はRX100M3で撮ってみた管理人の机の上、雑然としていてきちゃない…

RX100M3で撮ってみた机の上

RX100M3はワイド端24mm+EVF装備

そこでRX100無印の正常進化版で最近価格がこなれてきたRX100M3に白羽の矢が立ったのだった。
RX100無印自体の画像はソニーらしく控えめな画質でかなりキレイに記録することができる。

RX100M3のスペックを調べてみるとワイド端が24mm、EVF装備、それに液晶ディスプレイが可動式となっている。
価格もこなれてきていて5万円台後半といったところだ。

もうこなると居ても立ってもいられないのが管理人の悪いところですぐ手に入れたくなるのだった。

下の画像はRX100M3のEVFにiPhoneをひっつけて撮影したところ、実際にはもっとクリアで十分実用的な印象。

RX100M3のファインダーから覗いたところをiPhoneで撮ってみた

初めて下取りもしてみた

近所のカメラのキタムラに飛び込むとRX100M3がある、店頭価格は69,800円(税込)となっている。
ネットでの最安値は5万円台後半なのでかなり差があるが小さく書いてある「下取りで-15,000円」。
実質54,800円(税込)だ。

さらに今回は管理人は初めて現行のデジカメを下取りに出した。
今までは必ず2台は手元に置くようにしていたのだが、思い返してみると最新のデジカメでしか撮らないことに気がついた。
管理人としては思い切ってRX100無印とその前のTZ60を下取りに出してみたのだ。

ここで一悶着。
RX100無印は同じ系列の別店舗で購入し約2年弱使用してきた。
査定の際にコントロールリングが硬いので減点されていたのが大いに気になったので聞いてみた。
それは良品ではもう少しコントロールリング操作感が軽いのだそうだ。
これは管理人が比較対象を持たないので分からないことだった。

ということは管理人は新品購入したRX100無印を不良品として使ってきたということになる。
そこで最初からこの硬さだったと主張して査定額の減点を取り消してもらった。
さらに5年間保証を付けていると査定額が10%アップするということもあった。

もう一つの下取機のTZ60はそれなりの価格にしかならなかったが、合計で2万円を超えるくらいの価格が付いた。
ということで54,800円+下取り額で3万円強の価格となった。
購入したRX100M3には再度5年間保証を付けたのは言うまでもない。

キャッシュバックキャンペーン最終日に滑り込む!

実は前からRX100M3のキャッシュバックキャンペーンをやっているのは知っていた。
管理人はキャッシュバックキャンペーンはすでに終了していたと思い込んでいたのだった。

会計の際に店員さんがキャッシュバックキャンペーンって今日が最終日ですが狙ってきましたか?と聞いてきた。
すでに終了していたと思い込んでいた管理人はそれを聞いて幸せな気分になった(単純だ)。

結局RX100M3は普通の下取で-15,000円、RX100無印+TZ60下取で-21,836円、SONYのキャッシュバックキャンペーンで-5,000円の合計41,836円が69,800円から引かれることになった。
キャッシュバックキャンペーンは後ほど振り込まれる方式なので店頭というわけではないがRX100M3がこれで購入できるのは大変ありがたいことだ。

管理人は最近身の回りをできるだけ軽くしようとしている。
使わないものはできるだけ始末して身軽にしようとしているのだった。
使用できるデジカメが手元に1台しかないのは多少心細いのだがなんとかなるだろう。

初めてAmazonの遅配に遭遇した

さてRX100M3に装着するアクセサリーはRX100無印を持っていたこともありほとんどがキャリーオーバーとなる。
この点でもかなり出費が抑えられる。
必要なのは液晶フィルムと純正グリップだが、不思議なことにカメラのキタムラにはRX100の純正グリップの在庫は無い。
あんまり出ない商品は在庫しないのだろう。

そこでソニーのRX100用純正グリップをAmazonで注文した。
だが夜遅くになり遅配していると表示された。
管理人の場合Amazonで予定日に商品が届かなかったのは初めての経験だ。

 

初めて遭遇したAmazonの遅配

 

ということで管理人のRX100M3は液晶フィルムは貼ったがグリップは未装着な状態となっている。
まぁ平日はRX100M3を持ち歩かないので全く支障はない。

さっそくいじくり回してみたがEVFは思っていた以上に役に立ちそうだ。
これなら朝日の中でも十分に撮影できそうだ。

今回はこのへんで
では

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。