院内の無線LANの現状、思ったより進んでいるではないか!?

    2015/11/02

家内が首のヘルニアのため近所の脳神経外科に入院中だ。
この病院は小規模なのだが比較的新しくサービスも行き届いていて非常に居心地が良いらしい。

広告

ご法度だった院内での無線

無線キャリア―で仕事をしていた時には考えられない事だ。
それは院内での無線LANの活用なのだ。

医療機器を扱う院内では電波を出す危機はご法度だったのだ。
厳しい病院だとその機器を持ち込んで実際に出している電波の周波数や強度を測定し機器に影響が出ないかを確認したうえで使用するといった念の入ったものだった。

広告

一昔とは様変わりの院内の環境

それがどうだろう、家内が入院しているこの病院では無料で使用できるAPが設置されている。
待合室でも入院棟でも全く制限無しに使用できるのだ。

と言ってもどのポートが使用できるか等々は調査していないので詳細は不明だが一般的なインターネットアクセスなら問題無い、それに結構高速でストレスも無い。
入院前は入院中の病院でのスマホ利用は制限があるのかとかパケット代が嵩んでしまうとか心配していたのだが、快適なスマデバ環境で入院中である。
一度は私がノートPCを持ち込んでアクセスしてみたがこれまたPCでも快適な事は変わりがなかった。

APを良く見ると

病院の廊下に設置されている無線LANのAPを良く見てみると2系統ある。
1つはコンテックのFLEXLANのAPが付いている。
もう一つはHITACHIとあるがちょっと不明だ。
たぶんこちらは音声通話用の電話のAPだと思われる。

こうして既に院内は電波だらけなのである。
だから患者には積極的にサービスとして講習無線LANを提供していこうということなのだ。

入院しててもこれは非常に快適である。
何かあればLINEのメッセージであれを持ってこいとかこれを持ってこいとかの指令が来るのだ。
便利やらなんやらである・・・。

実際に設置されているAP
 
 
今回はこのへんで
では
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。