ブログのカテゴリーが増えすぎて困っている 整理するか適切なナビゲーションが必要だろうと思う

    2018/02/18

管理人が運営するブログの一つはカテゴリーの数が500以上ある
最近ではカテゴリーが増えすぎてWPの投稿画面が非常に重い。
たぶんカテゴリーを読み込む際に時間がかかっているのだろうと思われる。
一時期カテゴリーを減らす努力はしてみたが、新たに追加しなければならないモノもあり焼け石に水だった。
そんな増えすぎたカテゴリーを活用する手段はないものかと考えている今日このごろである。

広告

そもそもなぜカテゴリーが増え続けるのか?

カテゴリー

管理人の運営するメインのブログは車関係のブログだ。
クルマは毎年毎年、新型車が発売になりそれに伴いカテゴリーが増えていく。
これはこれで致し方がないことだと感じている。

というのは見てくださる方が車名で情報を見たいというニーズが少なからずあるからだ。
だが、それは全てのクルマに言えることではなく、特定のクルマであるところが悩みのタネでもある。
まんべんなくクルマカテゴリーからアクセスがあるのなら、クルマごとにカテゴリーを設置している甲斐もあるというものだ。

それにクルマを取り巻く環境というか話題というかは年々変わってきている。
非常にマニアックな車の話題もあるし、自動車メーカーや国を巻き込んだ世界の潮流のような動きもある。
さらに技術革新が激しい分野でもあるので、新技術が次々と出てくるのは当然だろう。
こうしたことに対応していると、どうしてもカテゴリーが増えざる負えないと思う。

広告

できるだけ使っていないカテゴリーは統合する

単純なことだが使っていない、あるいは使っている数が少ないカテゴリーは統廃合する。
これはWPのカテゴリー一覧を眺めながら、そのカテゴリーに属する記事が少ない時には統廃合するようにしている。

しかしながらこのカテゴリーも検索のことを考えると、カテゴリー全体が検索に上がってくるという動きもある。
だから重要なキーワードや世間の動きは残すようにしているのだった。

実際にこういった作業を行うとなれば結構時間がかかる。
500もカテゴリーがあれば、もう1日かかりの作業となる。
よほど時間がある時でないと実際には難しい。

もっとカテゴリーの活用方法はないものだろうか?

管理人としてはカテゴリー分けは、かなり実践的な内容で分けているつもりだ。
これを上手く活用できないものだろうか?といつも考えている。

こういうことをしたい時はこちら、という風な感じである。
うまくこういったメニューを作れるなら、ブログにとって良きランディングになると思う。
あくまで呼んでくださる方が求める切り口という観点が無いといけない。

で、ネット上をイロイロ調べてみたが、どうもこういった事を書いている人はあまりいないようだ。
そうなれば自分で試すしか無いだろう。
時間がある時にチャレンジしたいと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。