Windows7のメインストリームサポートが終了!?

    2015/11/02

Microsoftの世界もなかなかふざけている。
オッサン的にはMS-DOSの頃からMicrosoftに巻かれているのでかれこれ20年はドップリと浸かっていることになる。

広告

Windows7のメインストリームサポートが終了

2015年1月13日にWindows7のメインストリームサポートが終了し延長サポートの期間に入ったそうだ。
個人的にはついこの前2014年12月にWindows7のデスクトップPCを購入したところだ。
自分的にはついこの前出たところのOSと錯覚しているのだ。
それでサポート終了なんてWindowsXPの話で持ちきりだったのでWindows7がそうなるなんて油断していたと言わざるおえない。
が、これは個人ではどうしようもない事だ。

 
各Windowsバージョンのサポート終了時期
 

↑ 確かにマイクロソフトのサイトを見るとWindows7 ServicePack1のメインストリームサポートが2015年1月13日で終了となっている、まぁ延長サポートが2020年1月14日まであるのでしばらくは大丈夫だろう・・・

広告

好きでWindows使っているのではないが

ユーザーにしてみれば発売当初のOSはなるべく買いたくない。デバッガーになりたくないからだ。
そこである程度枯れたバージョンを導入する。
これは企業ユーザーでも個人ユーザーでも同じことだ。
オッサン的には法人の顧客が多く未だにXP問題とかIE6問題とかが大企業でも存在するのだ。
 
セキュリティがらみの問題はイロイロあるだろうがOSのライフサイクルを見直す必要があるだろう。
なんやかんや言ってクライアントOSもサーバーOSも未だにWindows離れをしていない社会が存在しているのだ。
 
今回はこのへんで
では
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。