MSの漢字変換のバカさ加減にあきれる 結局Google日本語入力に変更した

 

以前もMSの漢字変換についてそのバカさ加減に書いたことがある
最近文章を書く機会が多くなり変換効率が悪いことに辟易してきたのだった。
そこで久しぶりにGoogle日本語入力をインストールして使い始めた。
今のところ非常に使いやすくて重宝している。
やはり競争のないところでは製品のブラッシュアップは望めない。

Google日本語入力

広告

漢字変換の選択肢がない

Windows環境では漢字変換の選択肢は標準だと次のようになる。

  • Microsoft IME
  • Microsoft Office IME(Officeを入れている場合)

Windows7環境で長らく Microsoft Office IME を使用してきたがどうにもこうにも変換効率が悪い。
これは Microsoft IME であってもあまり変わらないというか実質一緒だ。

有料ではMS-DOS時代から懐かしいATOKもあるが昔は少々癖があって重いので現在は全く使用していない。

この他の選択肢というとGoogle日本語入力ということになるが以前試したことがあった。
このGoogle日本語入力はオンラインで変換すべきデータベースを蓄積していて変換効率は非常に高い。
ただオンラインで情報が吸い上げられていると思うとあまり気分の良いものではなかったのも事実だ。

でも現在はこうした優秀なソフトウェアを作るためには協力するということも必要だろうと思う。

広告

漢字変換効率が良いと思考が妨げられない

文章をガシガシとタイピングしていると漢字変換のミスで修正する場合が多々ある。
このときに考えていたことを忘れてしまい「あれっなんだっけ?」という状態になり思考が妨げられる場合が多々ある。
それだけ日本語の漢字変換は重要なのだ。

加えて処理速度も重要だ。
管理人は現在文章の入力はテキストエディタの秀丸を使用している。
このテキストエディターというのは数あるソフトウェアの中でも軽いソフトだろうと思う。
だからガシガシと早くたくさん入力することができる。
そんなときに漢字変換の効率が悪く反応も悪いとなればテキスト入力の効率が落ちるのは当たり前なのだ。

こうしたレスポンスに関してもGoogle日本語入力は合格だ。
動作は非常に軽くてタイミングが合わないということはないので重宝している。

コンテンツや文章を考えているときにはいらない方向へ思考が拡散するのをできるだけ防止したい。
だから漢字変換ソフトは大変重要なのだ。

単語登録も多用する

ビジネス文書やメールなどで決まったセンテンスというのは非常に多いと思う。
そんなときに漢字変換ソフトの単語登録は非常に便利なのだ。
例えば管理人の場合は一例として次のような単語を登録している。

  • 「お世話になります○○です。」
    これを「お」で登録
  • 「よろしくお願いいたします。」
    これを「よ」で登録
  • 「メールありがとうございます。」
    これを「め」で登録

一文字入力するだけで入力することができるので効率が大変高くなる。

広告

Google日本語入力はたいへんええ感じ

しばらくGoogle日本語入力を使用しているがかなり良い感じだ。
タイピングに遅れることもなく変換も適切だし思考を中断することもない。
変換時のキーアサインも好みのものに設定できるので極力操作方法を変えることなしに導入できるのはメリットだ。

普段あまり意識しないが実は一番良く使用するソフトウェアなのではないだろか。
もっとこのあたりは競争があってブラッシュアップがあっても良いだろうと思う。

あまりにMicrosoftはWindowsの上にあぐらをかき過ぎだと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。