Bufferを使ってSNSへの投稿をやってみた

    2015/12/21

ブログの更新をSNSで通知するというのはよくある方法だと思う。
管理人は今まで更新するたびにSNSについてもひとつひとつ投稿していたのだった。
それを少しだけ自動化してみたのだ。

ブログ更新すると

管理人の場合ブログを更新すると一連のルーチンワークをこなす。
それは今回のSNSへの投稿とブログランキングへの投稿なのだ。

SNSへの投稿はTwitter、FaceBook、Google+、mixiあたりだ。
それにタンブラーとかハテナとかもある。

なるべく自動化してきた

これらはなるべく自動化してきたのだった。
ゆっくりと更新できれば一番良いのだがいつもそういうわけにもいかない。

まず実現したのがブログランキングへの通知だ。
これらはWordpressのPingとトラックバック機能で実現した。

さらにSNSではmixiのブログ連携機能を使って更新している。
残っていたのは他のSNSをどうするかということだった。

Bufferは予約投稿が便利

SNSへの投稿予約ができるBufferを偶然に見つけた。
これは便利そうとさっそく使い始めたのだった。

まずBufferはTwitter、FB、Google+、linkedin等に対応している。
さらに予約が可能なのだ。

つまりブログ更新するとブログ更新日時よりも先の日時でBufferを利用してSNSへの予約投稿を行っている。
元の記事が公開されていない状態だと意味がないからだ。

BufferでのSNS投稿は便利

Bufferの使い勝手はまずまず良い。
最初は少し分からないこともあったり、SNS側の設定を見直すということもある。

一番のメリットはひとつのSNS投稿用の文章作ってまとめて投稿できることだ。
さらに予約ができるというのも良い。

過去の記事で人気のある記事を再びSNSへ投入するという事も良いかもしれないと最近考えている。

現在はこれらの機能をフルに使って運用しているのだった。
目下の課題はこうした仕組みをモバイルから使える状態にすることだ。
そうすればいつでもどこでもブログを更新してさらに通知することができる。
この記事もモバイルから書いているがSNSへと投稿ができずにいるのだった。

今回はこのへんで
では

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。