TZ60+三脚でスーパームーンを撮ってみた→まだ見えません→ああ見えましたっ

    2015/11/09

高倍率コンデジが欲しくなり機種を検討して高倍率コンデジを購入した事は過去に記事をアップした。
その際に購入したTZ60を持ってセントラルサーキットに出かけて走る車の画像を撮ってきた。
今回は前回のサーキットとは全く異なり夜間の長い時間のシャッターを切るということになる。初めて体験する撮り方なのだ。
今回は当然フラッシュ無しで三脚利用のiAインテリジェントオートで撮影している。マニュアル撮影も試してみたい。
掲載した画像はリサイズのみを行っている。

広告

事前情報では2015年9月28日の17:40が月の出だが

今宵はスーパームーンだというのでTZ60で是非素晴らしいお月様を撮ってみたいと準備している。現在18時を回ったところだが肝心のお月様が全く見えない状況である。
しょうがないので三脚やカメラの設置状況を確認している。

↑ 18時を過ぎてもお月様が見えない、山の影になっているのかそれとも曇ってダメなのか分からない、早く見たい、セッティングを確認してもじもじしている
広告

超望遠と三脚の練習

TZ60+三脚で街の方を試しに撮ってみました。

Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/200 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 100
FocalLengthIn35mmFilm – 1600 mm
クリックで拡大

18時台のスーパームーン

Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/100 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 400
FocalLengthIn35mmFilm – 1600 mm
クリックで拡大
Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/60 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 400
FocalLengthIn35mmFilm – 800 mm
クリックで拡大
Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 4 seconds
FNumber – 5.40
ISOSpeedRatings – 125
FocalLengthIn35mmFilm – 159 mm
クリックで拡大
広告

19時台のスーパームーン

↑ 三脚使用だが超望遠するとシャッターを押す際にブレる、そこで今回は純正のイメージアプリを使用してiPhoneとWiFi接続しリモートでシャッターを切った、これでシャッターボタンを押さずに撮影できるのでブレは減ったと思う
Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 4 seconds
FNumber – 4.30
ISOSpeedRatings – 160
FocalLengthIn35mmFilm – 65 mm
クリックで拡大
Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/125 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 200
FocalLengthIn35mmFilm – 1600 mm
クリックで拡大

23時台のスーパームーン

真夜中に近づくとスーパームーンはほぼ真上に来ていた。
当然TZ60も真上に近い方向を向けて固定する。
三脚に真上を向いて固定したTZ60の画面を覗き込みカメラの位置を調整するのは大変骨が折れたのだった。

Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/125 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 250
FocalLengthIn35mmFilm – 1600 mm
クリックで拡大

Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/125 seconds
FNumber – 6.40
ISOSpeedRatings – 100
FocalLengthIn35mmFilm – 720 mm
クリックで拡大
Model – DMC-TZ60
ExposureTime – 1/125 seconds
FNumber – 7.10
ISOSpeedRatings – 160
FocalLengthIn35mmFilm – 1600 mm
クリックで拡大
広告

スーパームーンの感想

今回はTZ60三脚に固定して初の超望遠での天体撮影にトライした。
超望遠と言ってもTZ60の場合は30倍までは光学だが、そこから先はデジタル処理となり「超解像iAズーム」という名前が付いている。
ちなみにTZ60の光学での望遠は35mm換算で24~720mmとなるが、今回の画像で720mmを超えた画像は「超解像iAズーム」となる。

苦労したのは三脚に固定しても微妙に動くのでフレーミングが大変難しかった。
さらにシャッターを押す時にも微妙にブレるのだ。
このブレを嫌ってiPhoneに仕込んだパナソニック純正の「Image App」も使用してみたがシャッターを押すだけなら使える。
しかしズームとシャッター以外の操作は出来ないのでマニュアル撮影は出来ないのだ。
しょうがないので三脚に固定したままそーっとシャッターを押すことに非常に神経を使った。

それでも後半になると少し慣れてきてあまりブレ無くシャッターを押すことができるようになったと思う。
コンデジでド素人がこれだけ撮れれば十分だと思うのであった(完全に自己満足だ)。

マニュアル撮影についてもイロイロ弄って試してみたが良く分からなかった。
こちらはカメラの基本知識とTZ60のマニュアル撮影に関してもっと勉強が必要だ。

「高倍率コンデジが欲しい病になる」:TZ60シリーズ記事

デジカメTZ60」というカテゴリーを作りましたので見てください。

 

 

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。