WordPress4.3.1にアップデートしたらエディターでHTMLを入れれないではないか!

 

独自ドメインでWordPressサイトを立ち上げBloggerから記事を移して移行を完了した。
インストールしたWordPressは最新の4.3.1だ。
管理画面のエディターから原稿を投入しようとしていると困った事があるのだ。
WORDPRESSのエディターの切替ボタン

広告

WordPressのエディターでコードの入力ができない

WordPressの投稿用のエディターは原稿をテキストエディターで作ってしまってから体裁を整えるために使用している。
その際に画像を入れたりHTMLコードを入れたりする。
そのためにコード入力画面は頻繁に使用するのだ。

それが何故か使えなくなっていたのだった。

広告

調べてみると特定のプラグインとの関係が原因だった

イロイロ調べてみるとこの現象は「PS Disable Auto Formatting」というプラグインが原因になっていることが分かった。

この「PS Disable Auto Formatting」というプラグインはWordPressが勝手に改行等を削ってしまうのを防止する働きをする。
このプラグインが無ければ記事によっては見てくれが崩れてしまう可能性があり、後々の手間を考えると重要なプラグインなのだ。

結局「PS Disable Auto Formatting」を取り外す

ブログ記事の中で「PS Disable Auto Formatting」により大きく影響するのは任意で入れている改行だ。
HTMLで言うと<BR>である。
これは主に文章間の隙間の調整に使用している。
つまり「PS Disable Auto Formatting」が働かなくなったことで文章と文章の間の隙間が変わってしまう事になる。

たぶんそれでも読めるとは思うのでHTMLコードを入れる事を優先したという事だ。

「PS Disable Auto Formatting」は定番のプラグインだがこうした事もあるのだ。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。