Googleの関連コンテンツユニットを導入してみた

    2015/12/22

前から知ってはいたのだがGoogleのAdsenseに関連コンテンツユニットという仕組みがある。
Adsenseの管理画面を見ていると関連コンテンツが利用できますよ、と表示があったので早速設置してみたのだった。

広告

関連コンテンツユニットが使えるようになると管理画面に通知される

先ほどAdsenseの管理画面を開くと次のような表示が出ていたのだ。
最初は何の事か分からなかったのだが、そう言えばこんなサービスがあったと思い出した。
指示通りAdsenseの管理画面のサイト管理という画面で見てみると次のようになっている。
サイトの一覧になっているのだがその右に関連コンテンツユニットの利用可否が掲載されている。
サイトにより使用可能なサイトと使用不可のサイトがある。
本来は「承認済み」となるようだが、管理人のサイトはなぜか「準備完了」となっている!?
今回設置したのはTomTom’sVoice2のWordPressのサイトである。
広告

関連コンテンツユニットの設定は広告ユニット作成画面から行う

Adsenseのひとつの機能として関連コンテンツユニット機能を提供しているようなので広告ユニット作成画面から行う。
広告タイプを選択する部分に「関連コンテンツ」という選択肢が増えているので選択する。
サイズ指定はレスポンシブとしておいた。
通常の広告ユニットと同じようにコードが表示されるのでそれをサイトにセットした。

関連コンテンツユニットの表示はこんな感じ

実際に関連コンテンツユニットを表示させてみるとこんな感じになった。

PCでの表示

スマートフォンでの表示

サイズ指定はレスポンシブ指定にしたので画面サイズにより自動的に縦横を切り替えているようだ。
表示している件数も調整されるようである。
いずれのサイズもスクロールできるようになっていて見ている人が自分でスクロールできる。
しばらく使ってみて再度レポートしたいと思う。
今回はこのへんで
では
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。