炊飯器の内がまがいかん、本体は元気なのに

    2015/11/02

炊飯器でご飯を炊いて、ご飯をしゃもじでひっくり返していると内がまの底にご飯が引っ付くのだ。

広告

良く持つ炊飯器

良く見ると内がまの底のコーティングが剥がれて地金が見えている。
コーティングが取れてしまっているので当然のことながらご飯は引っ付いてしまう。
この炊飯器はすでに10年以上を経過していて良く持っている炊飯器なのだ。
しかし本体は元気なのだが内がまが先にダメになってしまう。

↑ まだNational時代の炊飯器、既に10年が経過しているが内がまを1度買い替えただけで本体はまだまだ使えそうなのだ、どうしようかと思案中

広告

先に内がまがダメになる

この炊飯器の本体は買ったときそのままだ。
一方内がまは2代目となる、以前に一度交換している。この内がまが結構高価で1万円前後するのだ。

どうしようかと悩む

炊飯器本体はまだまだ行けそうなので内がまだけを部品として調達し交換すれば炊飯器の機能としては十分だ。
それに一番安くつく。

最近の炊飯器は進化も著しくっておいしくご飯が炊けそうなのだ。
でも価格が非常に高くなっており高級機種は5万円を超えるものが沢山ある。
でもそんなに出せないし買うのなら普及機になるだろうからリサーチしてみようと思う。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。