Windows7上にWindowsXPの仮想環境を構築する:その1

    2016/05/24

WindowsXPで動かさなければならないソフトがまだあるものだ。
どうしてもWindows7で動かないソフトを現代のハードウェア上で動かすためにwindows7上に仮想環境を構築する事にした。

広告

なぜWindowsXP環境が必要なのか?

今回は特定の業務ソフトが対象だ。
現在のところこのソフトがWindows7上では動かない事が判明している。
それにWindowsXPがインストールされたPCの入手は難しくなっており現状のOSつまりWindows7上で動作させるようにしなければならない。

広告

Windows7上でWindowsXP用ソフトを動作させる方法

これはいくつかある。一長一短があるのだが次の方式を試してみることにする。

  • Windows7上のXPモード
  • Windows7上の仮想マシン構築

まずはWindows7ProffesionalのXindowsXPモードを試してみる

マイクロソフトの説明の通りにWindowsXPモードを構築してみることにする。

前提条件

  • Windows 7 Professional、Enterprise、またはUltimateが動作している事
  • ハードウェアが適合している事
今回はWindows7 Professionalで行うので1つ目はOK、2つ目の適合のチェックを行う。
「Microsoft Hardware-Assisted Virtualization Detection Tool」というツールを利用してハードウェアがWindowsXPモードに対応しているかどうかを確認する。
その結果BIOSの変更を行えば構築できるようだ。

しかしながらBIOS変更による方式は汎用性が無いと判断しアッサリここで断念する。

↑ 「Microsoft Hardware-Assisted Virtualization Detection Tool」の実行画面、このツールはWindows7上のXPモードを構築するに当たりハードウェアが適合しているかどうかの判定を行うツール、この場合はBIOSを変更したら動くようになるよというメッセージらしい、BIOS変更はあまりしたくないのでここではパスする

広告

そこでVMWAREを試してみる

仮想化と言えばVMWAREが代表格なことは間違いない。
そこで無料で利用できる「VMware Player」を利用して構築する方法を検討する。

VMwareのサイトより「VMware Player 7 Pro for Windows 64-bit」をダウンロードしインストールする。
非常に大きなインストールファイルで75MBもある。
ダウンロードに時間がかかるようなので詳細は次回に持ち越すことにする。
では
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。