SNSの高機能化というかおせっかい化

    2015/11/02

2015/04/28
昨日のニュースでFacebookとTwitterに関するニュースが流れていた。

広告

両方ともSNSのメッセージングに関する事

Facebook(以下FB)はメッセージアプリで「ビデオ電話機能」が搭載されたというモノ。
Twitter(以下TW)はフォローしていない先に対してDMを送付できるというモノ。
両方ともメッセージングの機能強化という内容になっていて、今まで不便に思っていたところが解決できるところもあるが個人的な利用に関しては少々ウザイかもしれない。

広告

FBのビデオ電話機能

確かにPCでのWebブラウザでのメッセージアプリのウィンドウのバーを見てみるとビデオカメラマークが出ている。相手がビデオ電話に対応できるようならマークは生きていて、ビデオ電話に非対応ならばマークは死んでいるようになっている(つまりこの機能は実装済み)。
テレビ電話みたいな使用方法は遠隔地のユーザーサポートとかテレビ会議とかに良く使用する。しかしビデオでこちらの表情が分かってしまうだけに気合を入れて望まないといけないのも事実だ。
FBではテキストメッセージからシームレスにテレビ電話に移行できるのがメリットとしている。ただこれが良いのやら悪いのやらって感じ。

FBのメッセージのバーの部分
↑ FBのメッセージのバーの部分にこのような表示がある、左から2番目がビデオ電話だ、相手がビデオ電話可能ならマークが生きている
FBのメッセージのバーの部分その2
↑ 相手がビデオ電話に対応できない状態の時は左から2番目のビデオマークが死んでる

TWのDM機能

フォローしていない先にメッセージを送ることができる。検索などで引っかけたツイートを追いかけているような時に役に立ちそうだ。
個人的にはこれで知らぬ人からDMもらっても面倒臭いという感覚になるだろう。しかし製品のアカウントや法人のアカウントはユーザーからのDMを受け取る仕組みができた訳だから幅広く利用できるはずだ。
これは受け取るユーザー側でOn/Offできる。

↑ TWの誰からでもDMを受け取る設定は設定→プライバシーの一番下の項目にチェックを入れることで可能となる
広告

確かに便利になって来ているSNSだが

SNSは使い方を間違えるとどえらい失敗に繋がるのは皆さん経験済みだろう。しかし良い面も沢山ある。商売として集客の手段にしたり、商品やサービスの告知に使用したり、管理人もこうした利用方法をしている。それに会社や事務所のメールよりFBのメッセージのほうが早く相手とコンタクトできたりするのは非常に便利になった。
最近ではキチンとセキュリティー対策も打ってきているので以前のような無法状態のようなことも無い。その結果アカウントの乗っ取りやなりすましも少なくはなったが完璧ではない。

↑ ビデオ電話機能は圧倒的にSKYPEを利用する事が多い、ビデオ電話の場合は相手にこちらの表情が分かるのでそれなりに準備をしないとカッコ悪いのだ、だから突然ビデオ電話だと困ることもあるから面白い

SNSは便利だがキチンと管理して付き合っていかねばならぬだろう。

今回はこのへんで
では

Copyright(C) 2015 OssanIT All Rights Reserved
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。