スマップの一連の騒動に思う 芸能興業は昔からアレなんですよ

 

スマップの騒動はありとあらゆるメディアに登場して世間の皆さんが知るところだろう。
芸能界には大して興味の無い管理人ですら頻繁に目にしたのだ。
今回の騒動はスマップの1人を除いて事務所から独立するという内容だがコレに対する事務所側の発言が尋常じゃなかったのが印象に残ったのだった。

広告

芸能は大昔からちょっと変わった世界

大昔そう平安時代とかのお話だ。
まだ芸能がきちんと確立していない時代だが、この時代は芸能に関わる人たちは特殊技能者として庇護されてきたのだった。
こうした職業の人たちは様々だが芸能関係だと相撲取りとかがそういった立場になっていた。
他にも様々な芸能関係の人たちがいたのだがここでは割愛する。

こうした時代的背景があり近世までこうしたある意味特権階級として存在してきたのだ。
現代でもこの世界ちょっと変わった人たちが多いのもそういう時代的な背景があるのかもしれない。

広告

育ての親かもしれないが・・・

報道では事務所の代表者が芸能界の不文律や慣習と言うのは知らないが捨て台詞を吐いて脅しとも取れるような発言をしていたのが印象に残った。

確かに手塩にかけた人たちが事務所を辞めて独立するのは金銭的にも看板的にも不利には違いない。
しかし「干してやる」というのは全く大人げない。
これを聞いて芸能界って気持ち悪いと感じた人も多いのではないだろうか。
それにこれではアレと変わりない。
逆に言えばアレそのものなのだろう。
管理人はこういうところに歴史的背景を感じたりするのだった。

普通の会社でもこうした独立や転職はことは良くあることだ。
勤め人の移籍、転職は日常茶飯事、引き抜きも良くあるお話だ。
もちろん役員でもそうだ。
その度にこんなことを言っている経営者は中小零細ではあるだろう。
だがその業界のトップ企業の代表者がテレビで公然とこうした事を言っているのは聞いたことが無い。
テレビを見ているユーザー側の世界とは異質な世界だという事が良く分かる。

最近は独りよがりの企業がつまづく時代

シャープやマクドナルド、東芝にしても独りよがりで自分の事しか考えない傲慢な企業はしっぺ返しを受ける時代だ。
ユーザーもそんな空気や匂いを敏感に嗅ぎ分ける時代になった。

これは芸能界に対しても同じ事だ。
きな臭い事やこうした傲慢にとれる発言には敏感だと思う。
民主主義の中の自由主義経済でやって行こうと思うならこうした事は気を付けた方が良い。
自分がいなければ芸能界が回らないとでも思っているのだろうか。
これは大きな時代錯誤だと思う。

それに良く考えてほしい。
本当に質の良いコンテンツを提供しているだろうか?
最近のテレビは安直でアイディアが無くネット上の話題を繰り返すだけで面白くもなんともない。
出演する人々も大多数はプロらしさが無いなぁと思ってしまう時代だ。

現在ではテレビなんて見なくてもユーザーは十分楽しめる時代なのだ。
時代が変わっている事を感じないといけない。
どうも最近こうした老舗企業が変化に追い付いていないように思える。

広告

誰に謝っているねん!?

テレビで会見をしていたがこれも良く分からん展開だ。
ユーザーはユニットが解散すると揃って見れなくなるから寂しい人も多いだろう。
でもユーザーに謝っているとは思えなかった。
芸能界の関係者に謝るのならそういう場を作れば良い。

それに実際に辞めた訳でもないのだ。
そういうお話が出ただけの事だ。

それにこの時に事務所のコメントは全く無いのだった。
これもおかしい。
事務所が出てきてお騒がせいたしましたというのが筋だろう。
ユーザーの感覚と離れすぎてしまっている。

ユーザーとして見ていると全く筋が通らないし見苦しい。
こういうことは内輪でやっていただきたい。
芸能界のアレな部分を見た感じで気分が悪いことこの上ない。

独立するならスッキリと送り出してやるのも育ての親の度量と言う事じゃなかろうか。
すでに随分と長い間この体制で活躍してきて立派な大人になっているのだから。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。