Bribloが動かなくなった → 人知れず復活

 

年始早々バタバタしてブログの更新ができなかった。
そのバタバタの中でちょっと気になった事があった。
それはスクリーンセーバーに関する事だ。

広告

スクリーンセーバーについてのこだわり

管理人にとってスクリーンセーバーって特にこだわっている訳ではない。
しかし頻繁に目にする画面であるし見ていても楽しく面白そうな雰囲気のモノが好きだ。

Windowsが出た当初はまともなモノがなくて面白くなかった。
そんな時に一緒に働いていた人が3D Pipeを使っていてこれが斬新だった。
しばらく眺めていると次はどうなるのだろうと見入ってしまう。
この3D PipeはしばらくWindowsに標準で入っていたようだが現在は入っていないのが残念。

最近といっても昨年だがBribloというスクリーンセーバーを見つけた。
このスクリーンセーバーはご存じのLEGOが上から落ちてきて積み重なっていくというモノだ。
これも見ていると大変面白くて飽きない。
現在はこれが大変気に入っていて常用している。

Bribloスクリーンセーバーの画面

広告

Bribloは操作できたりする

このBribloの面白いところは操作できることなのだ。
カーソルキーを操作して落ちてくるLEGOの位置を調整したりできる。

時間のある時はついつい楽しんでしまったりするのだった。
3Dのテトリスのような感じなのだ。

Bribloはスクリーンセーバーとしては調整するところが無い。
通常なら出てくる要素の数を指定出来たり色を指定出来たりするのだが全く指定項目が無い。
スクリーンセーバーとしては珍しい。

Bribloは正確にはスクリーンセーバーでは無くプログラムのようだ

Bribloは前述のように落ちてくるLEGOを操作できたりするので通常のスクリーンセーバーの動きではない。

つまりスクリーンセーバーは何か―キーを押したりマウスを操作すると解除される。
だがBribloはカーソルキー入力ではLEGOの位置を変えることができるからだ。
解除はマウスカーソル移動かESCキーを押す必要がある。

こうした点はちょっと癖のあるスクリーンセーバーだが今のところ非常に気に入っているのだった。

広告

Bribloがある日突然動かなくなった

ここ2週間ほどだろうかBribloの画面が真っ白になってしまった。
気に入っていただけに非常に困り果てたのだった。

そこでBriblo自体を再インストールしてみたりしたが全く改善しない。
だが2日前くらいから動くようになったのだった。

Bribloの構造には詳しくないがBribloのリソースがどうも原因のようだ。
Flash等のバージョンが合わなくなったのだろう。
そしてFlash等がバージョンアップして再度動くようになったという印象を受けている。

ひとまずこれで元の楽しい画面に戻ったので良しとしよう。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。