15.6インチ画面のノートパソコンの価格調査、お得な機種はどれだ?

    2016/02/15

今回は15.6インチの画面を持つノートPCから実用的でお買い得な機種を調査してみた。
探してみるとイロイロあるものだ。
ボーナス商戦時期でもあるので期間限定でお安くなっているモノもある。
PC購入時の参考にしていただけたら幸いである。

広告

15.6インチのノートPCはメインストリームなのだ

15.6インチのノートPCは画面が大きくて業務に使用するにはちょうど良い大きさだと思う。
逆に筐体のサイズが大きく重いのでモバイルには適さない。
どちらかと言うと机上に設置して使用する半固定となるだろう。
中にはフルHD画面が表示できる機種もあるが一般的な業務をこなすという意味では底までは必用無いだろう。

広告

15.6インチのノートPCの仕様のアウトラインと落としどころ

次の項目に分けて考えてみることにする。
最終的な価格は10万円以内で実用性のある機種を選択する事が目標だ。
この予算の中にはオフィスソフトも入れたい。

想定する使用方法

15.6インチのノートPCを机上に設置して事務処理を行う事を想定してみる。

予算

ノートPC本体とOfficeソフト(エクセルが使用できれば良い)を含んで10万円以下の予算。

OS

OSについては特にこだわりは無いのでWindows7かWindows8.1で64bit版をターゲットとする。

CPUとメモリ

この価格帯ではCPUについてはCeleronかCore i5が主流となる。
ハイエンド機になるとCore i7も視野に入ってくるが、結構高価なので価格との相談だろう。
メモリは最低限の4GBを必須とすることにする。

ハードディスク

こちらも価格次第だが最低限のラインとしてHDD500GBを最低ラインとする。
価格次第でSSDも選択できればなお良い。

画面解像度

1366×768(HD)の解像度を最低ラインとする。

選択肢となる15.6インチのノートパソコンのメーカー

ノートPCは様々なメーカーが作っているが、ココは管理人の独断で抽出して比較をしてみよう。
一応メーカーブランドを選択し、中国メーカーは少し不安があるため除外している。

エプソンダイレクト

エプソンダイレクトは管理人の好きなブランドなので候補に入れてみた。

HP

HPのノートPCは最近安いので要注目。

DELL

価格とスペックのバランスが取れているが最近は以前ほど安くない。

富士通

富士通のPCについては少し前までは選択肢に全く入れてなかったが安いモデルがある。

東芝

管理人は東芝のPCとは全く縁が無いが現在セール中で非常にお安くなっている。

NEC

NECのPCはモノは良いのは分かるが安いモデルが全く無いため選択肢無し。

今回の15.6インチのノートPCの比較条件

スペックはOS、CPU、メモリ、HDD、画面解像度、オフィスソフトという順番で記載した。
なるべくスペックを合わせた形で価格は税込みで配送料を含んだ価格で比較する。

広告

エプソンダイレクトの選択肢

エプソンダイレクトは管理人が良く使うノートPCだ。
14インチなら良い選択肢があるのだが15.6インチとなると少々選択肢が少なくなり他のメーカーと比較して割高になる。

Endeavor NJ3900E、15.6インチ

Windows8.1(64bit)、i5-4210M、4GB、500GB、1366×768(HD)、Microsoft Office Home & Business Premium(Office365)
価格¥131,220

Endeavor NA511E、15.6インチ

Windows8.1(64bit)、i5-4210M、4GB、500GB、1366×768(HD)、Microsoft Office Home & Business Premium(Office365)
価格¥156,060

Endeavor NY2400S、14インチ

Windows8.1(64bit)、i5-4210M、4GB、500GB、1366×768(HD)、Office Personal 2013 Service Pack 1(SP1)
価格¥90,180
※管理人が良くお勧めするモデル、14インチならこれが一番だと思う。

HPの選択肢

HPは以前から安いモデルがあってお得感があるメーカー。
反面少々癖のある使い勝手を持つメーカーだ。

HP Pavilion 15-ab000 スタンダード(ホワイト)キャンペーンモデル、15.6インチ

Windows8.1 Update(64bit)、i5-5200U、4GB、1TB、1366×768(HD)、Microsoft Office Home & Business Premium
価格¥95,904

HP Pavilion 15-p200 スタンダードモデル (シルバー)オフィスキャンペーンモデル、15.6インチ

Windows8.1 Update(64bit)、i5-5200U、8GB、1TB、1366×768(HD)、Microsoft Office Home & Business Premium
価格¥96,984
※上記のモデルとは別のシリーズだがメモリが8GBでほぼ同じ価格だ。
広告

DELLの選択肢

易いPCと言えばDELLなのだが今回調べてみたノートPCでは必ずしもDELLが安いという事は無かった。
時期的な事もあると思うが他のメーカーががんばっている様子だ。

Inspiron 15 3000 シリーズ プレミアム、15.6インチ

Windows8.1(64bit)、i5-5200U、4GB、1TB、1366×768(HD)、MicrosoftR Office Home & Business プレミアム
価格¥100,419

Inspiron 15 5000シリーズ プレミアム、15.6インチ

Windows8.1(64bit)、i5-5200U、8GB、1TB、1366×768(HD)、MicrosoftR Office Home & Business プレミアム
価格¥102,579

富士通の選択肢

富士通と言うメーカーは内容の割りに価格が高いのだが上手く見せているメーカーだ。
今回は80周年という事でお得なモデルが出ている。

2014年10月モデル  カスタムメイドモデルLIFEBOOK WA1/S、15.6インチ

Windows 8.1 Update(64bit)、i7-4712MQ、4GB、500GB、1366×768(HD)、Office Home and Business Premium
価格¥108,147
※i7でこの価格は安いかも、メモリは4GBだ

LIFEBOOK WA1/S 2014年10月モデル  カスタムメイドモデル、15.6インチ

Windows 8.1 Update(64bit)、i5-4210M、4GB、500GB、1366×768(HD)、Office Personal Premium
価格¥100,479

東芝の選択肢

東芝も富士通と同じく内容の割りに価格が高いのだが時々ビックリするような事をやるメーカーだ。
今回は期間限定だが一番安かったので注目だ。

dynabook AB35/PW (リュクスホワイト) 型番:PAB35PW-SHA

Windows 8.1 Update(64bit)、i5-5200U、4GB、500GB、1366×768(HD)、Office Home and Business Premiumプラス Office 365 サービス
価格¥92,340
※このスペックでOffice付きで一番安いかも

dynabook AB45/PG (サテンゴールド) 型番:PAB45PG-SHA

Windows 8.1 Update(64bit)、i7-5500U、8GB、1TB、1366×768(HD)、Office Home and Business Premiumプラス Office 365 サービス

価格108,000円
※i7では一番安いかも、メモリも8GB積んでいる

管理人の15.6インチのノートPCのお勧めモデル

今回調査してみて管理人がお勧めする15.6インチのノートPCは次のモデルだ。
期間限定のモデルもあるので注意してほしい。

管理人のお勧めNo1

管理人がスペックと価格のバランスが一番優れていると思うモデル。

dynabook AB35/PW (リュクスホワイト) 型番:PAB35PW-SHA

東芝Dynabook AB35/PW

Windows 8.1 Update(64bit)、i5-5200U、4GB、500GB、1366×768(HD)、Office Home and Business Premiumプラス Office 365 サービス
価格¥92,340
※このスペックでOffice付きで一番安いかも

※東芝ダイレクトに会員登録を行う必要がある

管理人のお勧めNo2

i7を搭載したモデルとしては非常にコストパフォーマンスが高いと思うモデル。こちらも東芝になってしまったが富士通の同クラスモデルに比較してメモリが8GBと多いのでお得だ。

dynabook AB45/PG (サテンゴールド) 型番:PAB45PG-SHA

Windows 8.1 Update(64bit)、i7-5500U、8GB、1TB、1366×768(HD)、Office Home and Business Premiumプラス Office 365 サービス
価格108,000円

※富士通と価格は僅差だがこちらは8GBのメモリを積むのでお得だ
※東芝ダイレクトに会員登録を行う必要がある

今回の感想

今回15.6インチのノートPCでお得なモデルを探してみた。
実は日本の大手メーカーモデル(NECや富士通それに東芝)には全く期待してなかった。
いつもそうなのだが日本の大手メーカーのPCは品質は良いが価格が高い。
その結果DELLやHPを選択するパターンが非常に多かったのだ。
今回はそれが崩れてしまった。
日本の大手メーカーモデルでもリーズナブルなモデルが特売と言う形ではあるが価格が安く競争力がある。
これはちょっと意外だった。
PCについては常に動向を見ておく必要がありそうだ。
今回はこのへんで
では
広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

おすすめコンテンツ

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。