へぇ~スマートウォッチってこんなにあるんだ!高級ブランドも続々知らなかったわぁ

    2016/02/21

スマートウォッチではアップルのApple Watchが一番有名だろう。
工夫すれば用途はイロイロあって使いこなせば楽しいガジェットだと思う。
でも我々がイメージしているスマートウォッチだけではなく高級ブランドからも沢山出てきているので紹介してみた。

広告

スマートウォッチが出る前の多機能ウォッチ

スマートウォッチとは別に多機能時計としてはかなり以前から様々なモノが出ている。
管理人もこうした機能を持った時計は大好きで古くはカシオのプロトレックシリーズやスントも使っていた。

アウトドアでの気圧、温度、方角を知るにはうってつけだったのだ。
こうした機能は現在スマートフォンにとってかわられている。
管理人のスントX-Lander
↑ 管理人のスントX-Lander、ちょっと前まで使用していたが現在は電池切れでお蔵入り状態、時計/気圧/高度計/方角が分かる、アルミのケースにカーボンファイバーのバックプレート、厚みがありごついデザイン、こういうのが大好きだ

現在ではGPSまで内蔵して簡易ナビゲートができる機種も数多い。
調べているうちに「SUUNTO コア・ディープブラック」が欲しくなってしまったのには困った(苦笑)。
SUUNTO コア・ディープブラック

 

広告

スマートウォッチって?

スマートウォッチで一番知名度があるのがApple Watchだろう。
今年売りに出されて大きな話題になったものだ。
しかしその後の勢いがあまり感じれないが密かに深耕されているようなのだ。

スマートウォッチの一番の特徴はスマートフォンと連動する事だ。
連動して様々な事が実現できる。
簡単な使い方としてはスマートフォンのリモコンのような使い方がある。
例えばメールが来たと知らせてくれるとかだ。

スマートウォッチにアプリを入れる事で機能拡張は自由自在なのだ。
そこでもう少し進んだ使い方としては本人であるというID的な使い方も出てきそうな気配だ。
これはスマートフォンと時計を組み合わせて利用する事で本人であるという証明を行う。

ライフログ的な使い方もあり、特に睡眠に関するログを取り分析を行う機能なんて面白い。

確かに既存のスマートフォンのリモコン的な使い方ではちっとも面白くない。
腕時計であるが故の特徴というか特性を生かさないと掛け声だけで終わってしまうだろう。
でも良く考えてみると寝る時って時計外すのが一般的だと思うのだが。

こんなブランドからスマートウォッチが出ている

アップル

Apple Watch
Apple-Watch

アップル&エルメス

Apple Watch Hermes
Hermes-Apple

アルピナ

オルロジカル
Alpina-Ollogical

タグ・ホイヤー

コネクテッド
TagHeuer-Connected

グッチ

グッチ&i.am+
Gucci-iam

フレデリック・コンスタント

オルロジカル
FREDERIQUE-Orlogical

ヴェルト

ヴェスパー
Velt-Vesper

ファーウェイ

Huawei Watch
Huawei

GUESSウォッチ

GUESS CONNECT
Guess-Connect

どれも従来の高級腕時計の外観をしているところが面白い。
値の張る腕時計はやはりこうした外観でないとお金を出さないのだ。

時計は非常にディープな世界で奥が深い。
老舗ブランドの時計も方向を模索しているのは確かだ。
はたして伝統と格式の世界にスマートウォッチが切り込めるのだろうか。

今回はこのへんで
では

広告

関連カテゴリー

関連するカテゴリーはこちら、是非チェックしてみて下さい。

気に入っていただけたら是非シェアお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
*が付いている欄は必須項目です。

内容に問題なければ、下記の「OK!」ボタンを押してください。